2017年4月3日月曜日

第9回 町家の人形めぐり(平成29年 九度山町)

平成29年(2017年) 4月1日(土)。
九度山町で、第9回 町家の人形めぐりが始まりました。
これから1ヶ月間(5月4日・5日の真田まつりの日まで)、50箇所以上の展示町家と、様々なイベントで、九度山を訪れる皆様を、おもてなし致します。
まず、特筆すべきことは、特設展示場の場所が大きく変わったということ。
今までは、商店街中心付近でしたが、今年は商店街西の入り口付近になっています。
道の駅からも近く、利便性は良いのではないでしょうか?
特設展示場に入って、まず目を引くのが、大坂城のジオラマ
この大坂城、昨年と同じだと思ったら、大間違いです。
九度山町 町家の人形めぐりは、常に進化し続ける企画です。
今年も、あっと思わせる何かをご用意しています。
町家の人形めぐりテーマは「まちはをつなぐ舞台」。
展示イベントを通じて、九度山町内外の人々の交流を図っています。
上の写真展示も、人と人をつなげる参加型展示となっています。
人形であるということは、ニセモノ(似せもの)であるということ。
それが人のを打つのは、どこかに本物があるといこと。
上の写真にも、本物展示が写っています。
今年も特設展示場では、戦国時代のセットを背景に、記念写真を撮影することができます。
大河ドラマ真田丸」の放送が終了しても、人々の心に真田幸村への憧れは、強く残っています。その気持ちが、全国の人々を結ぶ絆になっていることは、言うまでもありません。
この記事では、特設展示場に絞って町家の人形めぐりを紹介しましたが、展示九度山町の広い範囲で催されています。
ぜひ、皆様ご自身で九度山散策して頂き、新たな町家の人形めぐり発見して頂きたいと思います。

(写真と動画と文章:九度山チャンネル





2017年3月28日火曜日

第13回 日本橋ストリートフェスタ2017(手作り甲冑 紀州九度山真田隊)

平成29年、3月19日(日)
大阪日本橋で催された、第13回ストリートフェスタ2017に、
手作り甲冑 紀州九度山真田隊が参加しました。
紀州九度山真田隊について、皆様はどんなイメージを抱いていらっしゃるでしょうか?
パレードや武者行列で、このような市街地を巡行することも、年に数回あります。
YouTubeにて、その模様をお伝えしますので、ご覧ください。
手作り甲冑 紀州九度山真田隊は、パレード参加後、タイムズ広場南海電鉄のブースにいたのですが、そこに来られるお客様が数名、
大河ドラマが終わって以来、真田丸ロスで・・・・・・」と、おっしゃっていたのが印象的でした。
近いうちにまた、真田幸村ブームは、やってきそうですね・・・・・・!

(写真と動画と文章:九度山チャンネル





2017年1月28日土曜日

第9回 九度山町 町家の人形めぐり(会議風景)

平成29年(2017年)1月27日(金)、九度山町住民クラブのメンバーが集い、
今年で第9回目を迎える九度山町 「町家の人形めぐり」開催のための会議が開かれました。
商店街を中心に、九度山の町を、たくさんの人形彩る「町家の人形めぐり」
まちは人と人をつなぐ舞台合言葉に、今年も4月1日からの1ヶ月間九度山町を訪れるお客様を、おもてなし致します。例年のように、5月真田まつりの日最終日(フィナーレ)です。

ここで重大発表!!!
今年の「町家の人形めぐり」は、特設展示場の場所が昨年とは変わります。
商店街西側の入り口付近となる予定で、道の駅からも近く、利便性が向上しそうです。
上の写真は、新しい特設展示場見取り図ですが、まだ企画段階のため、はっきりとお見せすることはできません。しかし、例年のように安土桃山時代を意識した、きらびやかな雰囲気があふれつつも、お客様参加型新規展示挑戦するとだけ、お伝えしておきます。
この写真人形も、新規展示に関係するものなのですが、どのような内容なのかは見てのお楽しみ・・・・・・。お客様参加型なので、ぜひ九度山を訪れて、楽しい展示体感して下さい!!!
毎年 成長するイベント「町家の人形めぐり」皆様のお越しを待っております。

(写真と文章:九度山チャンネル




2017年1月21日土曜日

肉処 真田丸 (和歌山県 橋本市)で昼食!

当ブログは、普段は九度山以外のことを取り上げることは、ほとんどないのですが、
どうしても行ってみたい「お食事処」ならぬ、「肉処」があったので、町外に出かけてみました。

すでに行ったことがある方も多いとは思いますが・・・・・・
和歌山県 橋本市にある「肉処 真田丸」です!
開店当時は「なんで九度山で営業しないんだ?」と謎満載でしたが、
良いじゃありませんか! 「妙寺あんぱん」の例もあるし・・・・・・
和歌山県全域で盛り上がれば、嬉しいことだと思います。

九度山チャンネル管理人は、大河ドラマ真田丸」放送時は、この店に行きませんでした。
気にはなっていたのですが、混雑しているに違いないと思っていましたので。
大河ドラマの放送も終わり、もう落ち着いているだろうと予想し、足を運んだ次第です。
お目当ては「特性わさび醤油 ローストビーフ丼」!!!(味噌汁付き)
ネット上でもよく紹介されている、人気メニューです。
他にランチ・メニューもいくつかあるのですが、これが一番かなぁ・・・・・・と言った感じ。

さっそく注文すると、ややあって ローストビーフ丼が目に前にやって来ました。
(ネット上ウワサほども待たされなかった気がします)
このワサビ醤油に溶かしてかけるのですが、ローストビーフが丼からはみ出ているので
気をつけないと、こぼれてしまいます。
まさに真田計略です! にかからぬよう、慎重に食べ進めましょう。
この中心の卵黄が、あとあと良い味を醸し出すんだなぁ・・・・・・
しっかり食べて「真田丸」から生きて帰りましょう!!!

ボリュームは九度山チャンネル管理人にとっては「並盛でも多いくらい」でしたが、
今回、一緒に行った九度山サスケは「並盛では、ちとが足りぬでござる!」と不服そう。
皆さんの胃袋に合わせて、サイズを決めて下さい。
最後に、レジ付近に置いてあった名刺写真を貼っておきます。

大河ドラマの放送は終わってしまいましたが、「肉処 真田丸」は店舗名を変更せず営業を続ける模様です。
(2017年1月現在)

和歌山県 橋本市にお立ち寄りの際は、足を運んでみてはいかがでしょうか?
「腹が減ってははできぬ!」どこからか声が聞こえてきました。
幸村も、ここで食べていたら、あのに勝っていたかも・・・・・・?

(写真と文章:九度山チャンネル




2017年1月1日日曜日

平成29年(2017年)・初詣『慈尊院、丹生官省符神社』

新年あけましておめでとうございます

年が明け、平成29年(2017年)、1月1日(日)。
気持ちよく晴れた九度山町
正午過ぎに、慈尊院丹生官省符神社に、初詣に行ってきました。
さすが世界遺産、高野山の玄関口
他府県からの初詣客も多く、駐車場は満杯
付近には露店も出て、にぎやかな雰囲気です。
慈尊院では、甘いゆず茶のふるまいもあり、暖かい日差しの中で人々はゆったりと参拝を楽しんでいました。
高野山案内犬ゴン」の御守を購入する方も多く、慈尊院の多様な側面が人々に伝わっていくように感じました。
長い石段を上って丹生官省符神社に着くと、芽の輪くぐりが設置されていました。
本殿前には、今年の干支巨大絵馬があり、その前で写真を撮る親子連れの姿もたくさん見かけました。
境内には、各種物販のテントが建ち並び、破魔矢などがどんどん売れていきます。
昨年末に、大河ドラマ真田丸は最終回を迎えてしまいましたが、九度山の町は、まだまだ活気にあふれています。
九度山にお立ち寄りの際は、慈尊院丹生官省符神社に、ぜひお参り下さい。

(写真と文章:九度山チャンネル




2016年12月7日水曜日

くどやまインライトン2016(イルミネーション)

高野山麓の九度山も、寒さが厳しくなってきました。

2016年(平成28年)12月4日(日)
九度山町入郷児童公園で、くどやまインライトン(Enlighten)の設営が行われました。
九度山町冬の風物詩として、すっかり定着した感のあるイルミネーションです。
今年も九度山町商工会青年部の方々が集まって、朝8時から設営作業を行いました。
入郷児童公園は、道の駅柿の郷くどやまの、すぐ隣り。
この設営風景を目にされた方も多いのではないでしょうか?
※ 看板では1月11日までとなっていますが、今回の点灯期間2017年(平成29年)1月9日(月)までの予定です。
児童公園藤棚に、LED照明を飾りつけていきます。
脚立を使いながらの作業。特大のツリーは、藤棚に上って設置しなくてはなりません。
足元に気をつけて・・・!!
皆で協力して、無事設営を完了することができました。
さて、夜のイルミネーション点灯風景です!
12月4日(日)は設営後、になってしまったので、後日写真を撮りました。
九度山を明るく照らすくどやまインライトン(Enlighten)。
あわてんぼうのサンタクロースが、クリスマス前にやって来ましたwww
サンタだけではありません。
九度山と言えば、真田の忍猫(しのびねこ)。寒さに耐え、イルミネーションを見に訪れました。
修行のつもりでしょうか?)
数年前、道の駅柿の郷くどやまが、町営駐車場だったころの動画も貼っておきます。
極寒の中、外にでるのは、おっくうになってしまいますが、くどやまインライトン(Enlighten)を楽しみにウォーキングに出てみるのも良いのではないでしょうか?

(写真と動画と文章:九度山チャンネル




2016年11月14日月曜日

紀州九度山真田「武将」隊(第10回 大収穫祭IN九度山)

平成28年11月13日(日)。
和歌山県九度山町の道の駅「柿の郷くどやま」の芝生広場にて催された大収穫祭IN九度山
(大収穫祭は12日と13日の2日間開催)
そのステージにて、紀州九度山真田武将隊の、地元初公演が行われました。

このブログでも、の頃に説明していましたが・・・
九度山の甲冑隊である紀州九度山真田隊
武者行列で練り歩く手作り甲冑隊
鉄砲掃射を披露する鉄砲隊
演武劇殺陣(たて)を披露する武将隊
以上の3隊構成されています。

今年6月18日に結成された紀州九度山真田武将隊
2週間後の7月には、大阪府 道頓堀初公演
その後も愛知県名古屋市など、各地を公演して回り、
現在までに約10回の舞台を踏みました。

今回、地元九度山にて初公演ということで、その模様をVTR撮影しました。
以下の動画で、その活躍をご確認下さい。
当日の音響に不具合がありましたので、音声は練習中に収録したものに差し替えてあります。
また、BGMは、YouTube用の楽曲に変更しています。

九度山蟄居生活から、大坂へ出陣するまでの流れが演劇になっています。
九度山発の真田劇ということで、他の地区にはないユーモアなども含めた独特の物に仕上がっています。
今後も全国各地出陣する紀州九度山真田武将隊を、ぜひ応援して下さい!!!

(動画と文章:九度山チャンネル